20140922

たまねぎを食べて健康管理

たまねぎは安価で購入出来る上に、栄養価も高い優れた食材です。

玉ねぎに含まれる硫化アリルとゆう成分は、現代人がなりやすいドロドロ血と呼ばれる血液の状態をサラサラに変えてくれる効果があります。

ドロドロの血液は血栓や血流の流れを阻害しますので、動脈硬化などになりやすいのですが、たまねぎを摂取すれば、このドロドロの状態を改善することが可能になります。

しかも硫化アリルとゆう成分は、ビタミンB1と結合することで、その形をアリチアミンとゆう成分に変え、体の中にビタミンB1を長く留める作用もあります。

ビタミンB1が長く体に留まると、通常は排出してしまうビタミンを効率よく吸収することができ、疲労回復や精神安定といった体に良い効果を与えてくれます。

たまねぎに含まれるケルセチンとゆう成分は、がん予防にも効果があると言われていますし、玉ねぎには食欲促進効果もありますので、夏バテでなかなか食べられない人にはたまねぎ料理がお勧めです。

以上のように、健康には欠かすことのできないたまねぎですが、毎日摂取するとなるとなかなか大変だと思います。

そんな時は、たまねぎ氷を作っておくことをお勧めします。

作り方は簡単で、玉ねぎをまるまるレンジにかけて、柔らかくなったらミキサーでペースト状にします。

それを冷凍庫で凍らせるだけで、たまねぎ氷の完成です。

ペースト状になっていますので、みそ汁に入れたり料理に入れたりすれば、簡単にたまねぎの成分を接摂取することができます。

玉ねぎ料理は毎日食べられませんが、たまねぎ氷ならどんな料理に入れても味を阻害することもなく、非常に便利に使用できます。

毎日たまねぎを摂取して、健康な体を維持しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>