20140923

良く食べ良く運動することが大事

皆さんはダイエットと聞くと何を連想するでしょうか。

ダイエット=体重の減少がほとんどだと思います。

しかしこれが大きな間違いで、本当はダイエット=体内の脂肪現象による体重の減少が正しいダイエットです。

よく食事制限だけでダイエットを行って痩せたと喜んでいる人がいますが、果たしてそれは喜んでいいのでしょうか。

食事制限だけというのは、体に凄く負担がかかる不健康なダイエットです。

食事制限だけでダイエットした場合、もちろん体の脂肪もある程度は落ちますが、一緒に筋肉も落ちて行っているんです。

筋肉は脂肪の約2倍重いですから、筋肉が減れば大幅に体重は軽くなります。

しかしそれは、基礎代謝の減少にもつながるため、結果的には全くダイエットにになっていないと言えるでしょう。

しかも、最近は隠れ肥満が非常に増えて来ていて、見た目はスリムでも内臓脂肪がたっぷりついている人も多いようです。

内臓脂肪は体が貯め込んだ脂肪なので、食事制限では落とすことが難しい脂肪です。

これを落とすには運動をして筋肉量を増やし、基礎代謝を上げていかないと消費することは難しいと思います。

もちろん食事制限も大事ですが、食べずに制限ではなくしっかり食べながらカロリーを制限が正しい食事制限法です。

よく糖質カットダイエット(炭水化物ダイエット)を集中的に行う人がいますが、これも大きな間違いで、糖質を完全にカットすると体はガス欠になってしまいます。

糖質はエネルギー源ですから、食べ過ぎなければ太るとゆうことはありませんし、食べる順番を変えるだけでも、糖質を無駄に吸収することは防ぐことが出来ます。

健康的に痩せるには、毎日の運動で筋肉量を増やし基礎代謝を上げ、食事はカロリー計算をして美味しくしっかりと食べ、焦らず長い時間をかけて脂肪を落としていくことが大事だと思います。

運動も毎日続けられるウォーキングなどで十分効果が出ますから、焦らずじっくり行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>